MENU

転職した方が良い人の特徴

この記事では自分が転職した方が良いか知ることができます。

私自身は40代ですが、今までに4回の転職を繰り返してきました。

3年で辞めた企業もあれば、1ヵ月で辞めた企業。10年以上務めた企業など様々です。

結論:転職は誰もが気軽にするべきことだと思っています。

この記事に辿り着いた方は、少なからず転職を考えていると思います。しかし年齢や勤めた年月を考えると二の足を踏んでしまいますよね。

自分は転職した方が良いか、向いているかを知ることができれば、少しは足が軽くなるのではないでしょうか。

そんな方の背中を少しでも押せることができれば良いなと思っています。

目次

転職活動についての調査

気軽にするべきだといっても世間一般はどうなんだろうか、と考えてしまうと思うので調べてみました。

転職活動をしたことがある割合

リクナビNEXT

※全国の20代~50代の働く男女209人(男性:120人、女性:89人)にアンケート調査を実施した結果です。(リクナビNEXTより)

年代別に分けると

リクナビNEXT

最終的に転職はしていないにしても、転職活動をした割合はどの年代でも50%を超えていますね。2人に1人は転職をしている計算になります。

一度も転職をしたことが無い方は、初めの転職が一番足が重たく感じると思いますが、転職経験を1回でもしてしまえば、どうってことないものなんですけどね。

とにかく、転職活動をしている方は以外にも50%以上もいるので、今の時代「転職は当たりまえ」になっています。

転職に向いている人

ここからは転職に向いている人を書いていきますが、よくあるような当たり前のことは書きません。

例えば、「プラス思考の人」とか、「向上心のある人」などですね。

そういった人は、確かに転職に向いていますがこういう記事をみなくても、もう既に転職しています。

なので、これから書く「転職に向いている人」は、こういった人でも転職した方がよいのか。と思ってもらえる内容を簡単に書いていきます。

今の仕事に飽きている人

企業に勤めると基本65歳まで仕事が続きます。よっぽどのことが無い限り、毎日の作業内容に大きな変化はありません。

役職が上がっていく場合は立場によって仕事内容は変わりますが、役職が上がる人はもともと仕事を頑張る人なので、転職も考えないと思います。

人生のほとんどは仕事で過ごす方が多い中、飽きている仕事は毎日がつまらないですよね。

職場の同僚や上司がクソ

今すぐにでも転職しましょう。もしくはすぐに会社を辞めてゆっくり転職先をさがしましょう。

1日24時間。家族よりも長くいる職場の同僚や上司が人間的にも最低だと、いくら仕事内容が好きなことでもいずれ嫌いになります。

そんな奴らとは1秒でも同じ空間にいない方が良いです。

転職するタイミングを計っている

転職するタイミングはあるようで、実はありません。

後から「あのときが転職するタイミングだったんだ」と振り返ったときに分かるだけです。

ボーナスを貰ってから辞めるとかは考えると思いますが、何となくタイミングを計っている人はすぐに辞めて、転職した方が良いですね。

転職する動機が不十分と思っている

例えば、有名な企業が募集していたとして、あなたが本を読んでいたときに偶然にも目に入はいったとします。

あなたは今の職場に不満があるわけではないので、動機があいまいな感じがしますよね。

しかし、人が目に入るものは意識しているものが大半です。

Audiという車を乗っていますが、Audiを買う前はあまり意識していませんでしたが、買ってからは町中でよくAudiを見かけます。

子供が生まれる前は妊婦さんを見かけることなどあまりありませんでしたが、妻が子を授かると急に町中に妊婦さんが増えたように感じます。

つまり、自分が意識していると自覚できないくらいもっと深い部分で意識しているものを見てしまっている傾向がある。

転職する動機が不十分と思っていても、転職を考えている時点ですでに今の仕事はどこかで辞める結果になるので、関係なく辞めましょう。

1回も転職をしたことが無い人

日本人の美意識といか美学として、1企業に勤めあげる。こういった風習が昭和の時代まではありました。

はっきり言いますが、今は「無い」です。

それどころか、1企業しか勤めたことのない人の考え方って孤立しているし、柔軟性が無い場合の方が話をしていて多いですね。

同じ業種でも良いので1度は転職を経験するべきです。確実に視野が広がります。

特化し過ぎた仕事をしてきた

現在の職業が特化し過ぎていて、なかなか転職自体考えられないというか、転職が怖く感じてしまっている方も少なくはないかも知れませんね。

安心してください。私自身、金融から飲食店からお花屋さんと畑違いなことばかりしてきてます。

大丈夫です。人は慣れます。絶対に慣れます。なので、一切考えなくていいです。

この記事を見た人

冒頭でも書きましたが、この記事を見られた方は転職という2文字が頭のどこかにある方です。

転職の2文字が頭にある以上は転職決定です。必ず転職してください。

転職サイト

自分で探すのも良いと思いますが、転職サイトを実際に使ってみるのも良いですよ。

調べるだけ調べて面接し転職するかは後で考えるとして、どんな企業が世の中にあるのかが、簡単に知れます。

その他にはこういった特化転職サイトもあります。

建設業界で働く人が選ぶ 転職エージェント建築転職

医師の転職サイトリクルートドクターズキャリア

高収入に特化した転職サイトRECRUIT DIRECT SCOUT(リクルートダイレクトスカウト)

調べていくと色々と出てきますし、ぶっちゃけ転職に向いていない人などいないとおもいっています。

とにかくまずは登録して調べてみるだけでも1歩進めますので今からやってみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サラリーマン辞めました。
22歳からサラリーマンオンリーの人生でした。
これからは自由に楽しんで生きていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる