MENU

何をしても続かないタイプがするべきルール2点

この記事にたどり着いた方の声が聞こえてきそうです。

もう辞めたい。

やる気が出なくなった。

1ヵ月前は絶対続けようと思っていたのに。

あなたの心の声より

この記事は「決めたことを継続できない方」に向けて書きました。

どうでしょうか。心の声出ていませんか。

この記事を書いた理由

以前は僕自身も3日坊主よりもさらにいかつい1日、もしくは半日坊主でした。

しかし独自で開発した薬(マインド)により続けられるようになったので、同じ悩みを抱えている方に向けて伝えておきたかったからです。

読んで3分後には薬(効果)が効き始めますので、ものは試しと思って最後まで読んでみてください。

目次

自分に厳しくし過ぎない

処方箋1錠目:できるだけ簡単に達成できる目標を作る

例えば 「ダイエットをする」と決めた場合。今の体重から10㎏痩せるなど決めずに、毎日5回だけゆっくり腹筋をする。にしてください。何となくできそうでしょ。

始めるきっかけは「最近ちょっと太ってきたな」とか、「そろそろダイエットしといた方がいいな」ですよね。

もちろん「ダイエットするぞ」と意気込んで始める人もいると思ますが…続かない。

最初の1週間は頑張ります。でも、1回でもペースが乱れると辞めてしまいます。一週間に2回必ず筋トレをしていたのが、1回抜けただけで気持ちが離れてしまう。

これは単純に自分に厳しすぎるんです。

何かを始める時に理想が高すぎると、その理想から踏み外した瞬間 高すぎた理想との高低差で元の位置に戻れないように感じてしまうんだと思います。

自分を特別なアスリートと同じように比較してはダメです。極端に簡単な目標で十分なので、小さな達成を繰り返してください。

意気込まない

処方箋2錠目:イキらないで作業にする

始める時に「よし、今日からやるぞ」とイキると思います。僕もイキるタイプでした。

よく考えるとこれが大間違だったんです。

持続できる人は良いのですが、持続できない人がイキって始めると、気持ちが上がってない時は全く乗り気ではなくなるんです。

なので、変に意気込まないで、作業にするのがポイント。

これが続けられるようになるリハビリ運動です。なにも考えずに繰り返す。

続けていくために

いかがでしたでしょうか。さらっと読んで頂けたと思います。

この記事は読んでからしばらくの間しか効果がありませんので、ブックマークに登録しておいて2日に1回は読んでください。

3分以内に読めるので本を買うよりもコスパ良いですよ。

  • 自分に厳しくせず、できるだけ簡単に達成できる目標を作る
  • 意気込まず、イキらないで作業にする

この2つの処方箋(マインド)を摂取すれば必ず続けていける用になります。

何事も目的をもって取り組んだり、イメージして取り組むことは大切ですが、そもそも続かないと意味がありませんもんね。

なので、続けれるようになるまで「2錠」をポケットに入れておけば安心ですし、あなたが継続できるようになる姿が目に浮かびます。

では今から始めてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サラリーマン辞めました。
22歳からサラリーマンオンリーの人生でした。
これからは自由に楽しんで生きていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる