MENU

長く務めた会社でも辞めた方が良い理由と辞め方

この記事は基本的に「少しでも会社を辞めたいなと思っている人」に向けて書いています。

ふとした時に長く務めた会社を「続けるか」or「辞めるか」を考えたことはありませんか。

辞められるんだったらいつでも辞めたいと思っている。だけど辞められない。

理由を聞いていくと色々と出てくると思います。

辞められない理由
  • 辞めた後が不安…
  • 家族に言いにくい…
  • 今の環境も捨てにくい…
  • 長く勤めすぎて何となく…
  • 仕事の引継ぎが今の状況では…

この記事を書くきかっけになったのは、僕自身が辞めたいと思いながらも20年程勤めていた会社を退職したときに「退職前」と「退職後」の気持ちの変化が自分でもしっかりと分かるくらい好転したからです。

同じ思いをされている方に、不安が無くなり少しでも前向きになれば良いなと思って書いていきます。

本題に入る前に大前提として書いておくことが1つ。

会社を辞める理由に、「横領・不祥事・詐欺」。こういったことで会社を辞めさせられる・辞めざるをえない場合はこの記事を読んでも意味がありませんので、閉じてください。

それでは辞めた方がよい理由と辞め方まで順番に説明していきます。

目次

辞めても会社は必ず回る

長く勤めていると、少なからずポジションは上がっていきます。

たとえ役職が上がっていなかったとしても、年数的に発言権があったりしますよね。そして、多くの方はある程度任された仕事を日々こなしていることでしょう。

世の中「人手不足」というニュースが目立ちますが、本当にあなたが辞めたら会社が止まってしまうのか。

いいえ、そんなことは絶対にないんです。どんな方法であっても会社は動きます。

一瞬。ほんの一瞬だけザワザワするかもしれませんが、すぐに通常運転に戻りますよ。そんなことを気にして会社を辞められないのはもったいない話しです。

気にせずに辞めてください。

同僚との縁は消え去る

全てとは言いませんが、会社で付き合いのあった先輩・同僚・上司などは退職すると関係がほとんどなくなります。

家族よりも長くいた会社関係の付き合いはいとも簡単に消え去るんですよね。

「嫌いになる」とか「会いたくない」というわけではないんですが、会わなくなるし連絡も取らなくなります。

そんなもんなので、全く気にせずに辞めましょう。

辞めてからの働き先

「辞めてからどうしよう」

辞める前に考えることの1つだと思いますが、「一身上の都合により退社」する場合でも、ハローワークに行けば、10年以上の勤務の場合65歳未満であれば120日間、失業給付金を受け取れるので1年は暮らせます。

働き先が無い世の中ではないです。仕事なんて選ばなければいくらでもありますし、今いる会社よりも自分に合ってる会社は必ずあります。

リクルートエージェントなどの転職サイトに登録して探してみてください。転職サイトを運営している担当のも探してくれますよ。転職先の希望もどんどん言っていきましょう。

また、今の環境が捨てにくいと考えている方であっても、少しでも「辞めたいな」と思ってる以上は辞めた方がよいと思います。

辞めたいと思いながらも続けるより、サクッと辞めて次へ前進した方が人生楽しいです。

家族に言いにくい

これは、必ず話し合って下さい。家族というよりも妻もしくは夫ですね。子供は親の仕事には口出ししてきませんし、基本無関心です。

しかし、妻もしくは夫には必ず辞めることを話し、相手が納得していなかったらある程度譲歩してもらえるまではしっかりと話し合った方が良いです。

辞めてから「あーだこーだ」言われるとどうしようもなくなり、自分が勤めたいと思う企業じゃない所へ転職するはめになりかねません。

しっかり話し合い、相手に理解してもらいましょう。

引き止めには応じなくて良い

「もう一度考えてみたらどう」などの声をかけられた時に、考え直してしまう人もいるようです。

しかし、基本的には建前です。本気で心配してくれている人はいないと思っておいて良いと思います。

少し冷たい言い方かもしれませんが、みんな人のことよりも自分のことで精一杯なんですよね。

なので「自分のことで精一杯=冷たい」というわけではないんです。

何カ月前に辞めるか

答え:6カ月前(半年前)です。

引継ぎは3ヵ月もあれば十分できます。

しかし会社の人事的な部分まで考えたら6カ月(半年)は見ておいた方が良いです。会社的にもすぐ辞められるより、半年後だと何も言えないとおもいますよ。

これで引継ぎがうまくいかなければ会社の責任です。あなたが何にも悪く思うことはありません。会社がアホなんですから。

お礼の品

辞めえる日に渡すお勧めのお礼の品はマカロンの詰め合わせです。

腐りにくい・食べたら無くなる・女性に人気=良いイメージで終われるからですね。

※無くならないものは渡さない方が良いです。本当は相手が喜ばないことが多いです。

少しやらしいかも知れませんが、辞める日に女性の方に好印象で終わるとその後も印象が良いままになります。辞めてからでもちょくちょく会社で話しがでるほどに。

まとめ: It is a foolish bird that fouls its own nest.

「飛ぶ鳥跡を濁さず」を英語でイキって書きました。すいません。

辞めた方がよい理由

  • 会社はあなたがいなくても大丈夫です。
  • 会社を辞めてからの働き先などすぐに見つかります。
  • 会社での付き合いの人とは定年退職したときでもすぐに会わなくなります。

少しでも辞めたいと思っている方は上記の理由により辞めるべきでしょう。

人生長いようで短いです。バリバリ働ける期間は以外と短く、60歳を過ぎると老いてきます。もちろん60過ぎでも働けますが、20代や30代の頃のような体力は全くありません。

若いうちにやりたいことをしてください。

辞め方

1:退職届を出すタイミング

半年前で十分です。それ以上前から出す必要はありません。

業種によって忙しい月があると思うので計算しながら出してください。(忙しい月を超えてから退職すること)

2:引継ぎ

半年あれば十分です。人材が乏しいのであれば会社が何とかしなくてはなりません。

それに、完全な引継ぎはできません。人にはキャラクターがあるからです。

3:お礼の品

辞めるからもう関係ないんですが、必ずお礼の品を渡して辞めましょう。

辞める際に感謝の気持ちも込めて何かお礼の品を渡すことで辞めた後に残る人達にとっても良い雰囲気で終われます。

いかがでしたでしょうか。人生は長いようで短い。しかしこの真意は人生が終わる方にしかわかりません。

確実にいえることは 「楽しい方を選んだもん勝ち」だということです。楽な方と言う意味ではありません。

楽しい方を取らないと確実に生きがいを無くします。僕はそう思うタイプの人間です。

少しでも今の仕事を辞めたいと思うかたのお役に立てたでしょうか。自分で切り開くしか方法はありませんので、1歩進めたら幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サラリーマン辞めました。
22歳からサラリーマンオンリーの人生でした。
これからは自由に楽しんで生きていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる